IMG_7933

IMG_7934

IMG_7935

IMG_7936

こんにちは、こんばんは、おはようございます。(´・ω・`)まろ山です。

 

 

唐突ですが、みなさんは彼女、彼氏はいらっしゃいますか?

就活時にパートナーがいると、選考の愚痴を言ったり、相談したりで精神的にも余裕ができますよね。

 

あ、僕はいませんけど何か?(´^ω^`)

 

 

しかし全国の非リアの方々、安心してください。いつも真面目な話題ばかりなのでたまには肩の力を抜き、今回は少し番外編の就活時の恋愛リクルートラブ、通称リクラブについてお送りしたいと思います。(´^ω^`)

 

 

 

え、いつも真面目じゃないって?

 

 

まあまあ、お堅いことは言わないのがここでのルールですよ。(´^ω^`)

 

 

リクラブは存在するのか?

 

これは存在します。

 

「就活時に選考や説明会が一緒になって、そこが運命的な出会いだったんですぅ。」

なんてほざいてる仰られる方々がいるのは確かです。実際グループディスカッション(前回記事参照)で仲良くなって連絡先交換だとか、そのときにみんなを先導する男らしさに惚れたわ。なんていう輩仰られる方々もいるわけです。

 

確かに就活時は内定を取るというゴールがあり、そこに集中しがちかもしれません。

しかしだからと言って恋愛モードをOFFにする必要は全くないです。

 

冷静に就活を見つめてみましょう。その日に会った男女が同じ目標に向かって集まってくるわけです。それは裏を返すと共感できるポイントが多いということ。

それに加えて行く先々で毎回違う人に会える。その数は3対3の合コンとは比にならないですよね!そりゃあ好みの子の一人や二人もいるもんです。

 

 

ここで僕は問いかけたい。(´・ω・`)

 

今後社会人になったとして同じシチュエーションがありますか?

 

答えは、言わずもがなNOですよね。

 

詳しくポイントを整理してみました。

 

僕の考えるリクラブのポイント

 

・共感できるポイントがたくさんある

先ほど同じ目標に向かっていると言いましたが、例えばグループディスカッションでは課題を与えられてみんなで話し合うわけです。

さらに例えれば高校の文化祭の出し物を決めるミーティングというみんなが同じ目標に向かう事をした後で、二人きりのとき、「あいつのメイド喫茶やろうって案はなかったよねー」「わかるわかるー!うざかったよねー!」

といった具合に共感を得やすいわけです。

 

共感するポイントが多いと話していて楽しいし、あら、私たち相性がいいのかしら。なんて考えますよね。(´^ω^`)

 

 

・話題が豊富

就活をやっていたら話したいことなんていっぱいありますよね。あの面接官が怖かったーだの全然ES出してないよー。あ、そこ出したんだー。俺も出したよ!あの文章量はエグかったよねーだとか。

同じ経験や話題が豊富にあることで、コミュ障でストーカー気質の僕のように、女の子の好みをリサーチして興味もないアニメを見たりだとか、EXILEを聴きこんだりとかしなくてもいいわけです。(´^ω^`)

 

 

・言い訳が利きやすい

初対面の女の子に話しかけるのってなかなかできないことだと思います。

しかし就活時ならハードルが確実に下がっているのです。例えば説明会が終わって隣の席の女の子にお疲れ様ですー。なんて一声かければそのあとは駅ってこっちでしたっけ?駅まで一緒帰りません?なんて続けばいいのです。

連絡先を聞くときだって

「就活の情報を教えあおう。」 この一言でいいのです。

 

普段路上にいる女の子をナンパしようと思ったら警戒されまくるだろうし、それはガラスのメンタルの僕には無理です。サラッと流されて終わりです。(´・ω・`)

しかし就活時では、僕はあなたに下心ありませんよー。就活の話がしたいだけですよーって言い訳が利くので女の子の警戒心も進撃の巨人の初期設定のごとくガバガバです。

 

そうなればほら、声をかけるのが楽になった感じがしませんか?(´・ω・`)笑

 

 

・不安定な心境になりやすい

内定先がないという不安定さはかなりのストレスであり、その悩みを誰かと分かち合いたい!と思うのは確実です。その不安定な心境につけ込みを救うべく悩みを聞いてあげる優しい紳士になりきれば、ほらリクラブのゴールはすぐそこですよ。

 

 

以上が僕の考えるリクラブのポイントです。(´・ω・`)

 

就活時の恋愛は無意識にハードルが下がっているということを主張したかったわけですが、まあ連絡先を聴けなかったとしても帰り道可愛い女の子と話して帰るだけで明日の活力にもなるってもんですよね(´^ω^`)!

 

 

そんなえらそうなことばかり言ってるけれども、実際の僕の体験談は次回に詳しく話していこうと思います。(´^ω^`)

 

あ、このリクラブの話題は何回か続きますので覚悟しておいてくださいね(´^ω^`)笑

どうせこういう話題が一番気になるんでしょう。

 

 

ではまた次回お会いできることを楽しみにしております。(´^ω^`)