IMG_7937-300x225

IMG_7938

IMG_7939

IMG_7940

こんにちは、こんばんは、おはようございます。(´・ω・`)まろ山です。

 

今回は前回に引き続き、リクラブについてのお話です。

以下、僕の体験談です。

 

 

今に梅雨入りするような季節。説明会には結構行っていた時期でのことです。今回は包装業界のD社に伺いました。(´・ω・`)

なかなかこじんまりとしたビルで、これで本当に合っているのかな?

といったような感じ。(´・ω・`)

 

しかし就活生の女の子が入っていくのを確認し、僕も一緒に入りました。

 

入口入ると大学名と名前を言って入館証的なのをもらえるのですが、そのときに運命の歯車は動き始めました

 

(*´ω`*)〇×大学の××(広末涼子を2倍に薄めて幼くした感じ。)と申します。

 

…大学一緒だ!

 

大学が同じでなかなか僕好みのお顔立ち、来訪のタイミングも一緒…なんという偶然(そうでもない)でしょうか。神様って時に小粋な演出をしてくるんだネ☆

なんて考えつつ席に座るとその子の隣。

 

今日の説明会は頑張れるかも~って感じでした。笑

 

 

説明会が始まったのですが…

D社の説明は正直良く覚えてません。(´^ω^`)

 

 

だって隣の広末ちゃんの匂いがほんわかとしているその場で誰が集中などできようか(いや、できない)。

 

そんなこんなで時間は過ぎ、先輩社員と話そうのコーナーとなりました。

これは数人で先輩社員を囲み質問するのですが、今回は勝手にグループ分けされ先輩社員がいちいち動いてくれるという楽々システムでした。(´^ω^`)

席が近くの人が同じグループとなるシステムだったので当然僕は広末ちゃんと同じグループ

 

ハゲかけてる先輩社員のお話しなんて興味もないですが広末ちゃんの手前意識高い質問でアピールしつつ、僕の視線のレーザービームは広末ちゃんにエキゾチック・ジャペ―ンしてました。(´^ω^`)

top

もはや意味不明です(´^ω^`)

 

 

1時間半ほどの説明会も終わりお帰りの時間。

 

僕は帰りの支度が遅い広末ちゃんとタイミングを合わせるべく書類を無駄に鞄に出し入れしつつ機を伺い同じエレベーターへと乗り込みました

 

 

 

もはやストーカーレベル?いえいえただのクズですよ(´^ω^`)

だってこの機会を逃したら絶対に後悔します。就活どころじゃありません。

 

 

ビルを出た後、意を決し広末ちゃんに声をかけます。

 

(´・ω・`)お疲れ様ですー。〇×大学ですよね?

 

(*´ω`*)え..ああ。はい。どこの大学ですか?

 

宗教勧誘ばりの怪しさを纏うまろ山にも対応してくれる広末ちゃんマジエンジェル

 

(´・ω・`)同じ〇×ですよ!入口で聞いてあ、同じだ―って思ったんですよね。笑 ここの説明会、どうでした?笑

 

(*´ω`*)あー、そんなかなぁって感じですねえ。実はここと同じ業界のD社の方が志望度高くて。

 

(´・ω・`)C社!僕も同じところES出しましたよ!そろそろ結果帰ってきますよね!

 

たまたま同じところを志望していました。ちなみにここは初めてのグループディスカッションのところです。※今回のお話は初めてのグルディスの話のちょっと前です。

 

(*´ω`*)ホントですか!私ES出したんですがぎりぎりになっちゃって。微妙です。笑

 

(´・ω・`)僕も微妙ですよー。自信なくて。笑 結構志望度高いんですけどねー。笑

 

(*´ω`*)あー、あそこ説明会いい感じでしたもんねー。

 

いい感じに話は盛り上がってまいりました。

だんだんと駅に近づくのを感じる僕はもう少し話したいという感情が芽生え強引に行きます。時刻はちょうどお昼時。

 

(´・ω・`)この後は大学行くんですか?

 

(*´ω`*)いやぁ、帰ろうかなぁという感じでしたけど。

 

(´・ω・`)大学行って一緒飯食いましょうよ!就活の話ももっとしたいし!

 

これです。僕が興味あるのはあなたじゃなくて就活の話ですよアピール

これで警戒心もないはずです。

 

(*´ω`*)うーん、じゃあ行きましょうかー。お腹減ったし。

 

広末ちゃんもおなか減ったからご飯行くだけよアピールを欠かしません。さすがですね。

こういった高度な心理戦(?)を交えつつご飯に誘う事に成功しました。(´^ω^`)

 

普段の生活でナンパなんてしたことない僕にとっては自身の成長を感じつつも、心臓はバクバクしてました。笑

 

噂に聞きしリクラブが今目の前に….

 

ミスチルのライブに初めて行ったときばりの興奮の中、大学の駅に着きました。僕の中で女の子と行くなら外さないであろう大戸屋へ向かうも満員。

 

周りのご飯屋もよく知らないので学食へ行くも満員。

 

 

 

結局学内のコンビニでおにぎり買って空き教室で食べました(´^ω^`)

 

かっこ悪過ぎる…笑

 

 

しかしそんなところにも笑顔で付き合ってくれる広末ちゃんはマジエンジェルですね。笑

楽しく趣味やらサークルやらのお話をしてまた就活の話したいからとLINEを交換し、十分満足のいく結果となりました。(´^ω^`)

 

果たしてまろ山は広末ちゃんとのリクラブを成功させることができるのか!

 

次回へ続きます。笑

 

 

 

あ、友達にこれ話したら大戸屋はないわーって言われました。

僕の恋愛偏差値は相当低いようです。美味しいのにね、大戸屋。(´・ω・`)笑

 

 

ではまた次回お会いできることを楽しみにしております(´^ω^`)